KeePerコーティングに関するよくある質問に回答します

電話で予約する

よくある質問

コーティング全般に関するご質問

新車を購入してすぐコーティングしても大丈夫ですか?

キーパーコーティングは、納車後すぐのタイミングがオススメです。 キーパーコーティングは、多くのガラスコーティングに入っているキレシンなどの『有機溶剤』を使わないため塗装に優しく、侵食してしまうことはありませんのでご安心してお任せ下さい。

コーティング施工後のメンテナンスはどうすればいいですか?

洗車機での水洗・シャンプー洗車でOKです。 洗車後は拭き上げをしてください。水道水には、ミネラルが多く含まれているため、乾くとシミの原因となってしまいます。 効果をしっかり発揮するために、シャンプーを使う場合は、コーティング剤やコンパウンドの入っていないものを使用してください。 ※鳥のフン、樹液、花粉が付いた場合は、なるべく早めの洗車をお願いします

コーティングをした後は、水に濡らさないほうがいいですか?

水に濡れても問題ありません。 キーパーコーティングは施工完了後、例えば雨の中お帰りでも効果が変わることはありませんのでご安心ください。

コーティングの施工をすることで塗装は傷みませんか?

塗装が傷むことはありません。ご安心ください。 私たちのケミカルと技術は「塗装を絶対に傷めない」というポリシーを強く持っています。そのため、塗装を傷めるトルエン、キシレンなどの有機溶剤は一切含まれておりません。施工においても万全を期しております。

輸入車にも対応していますか?

もちろん!対応しています。 ドイツ、アメリカ、イギリス、イタリア、フランス、日本すべての国の車に施行が可能です。 特にダイヤモンドキーパーはドイツのSONAX製で、ドイツ本国ではベンツ、BMWなどに純正指定されています。

誤ってワックス(撥水コーティング)をかけてしまいました。

それほど心配は要りませんのでご安心下さい。 ワックスあるいは撥水コートが塗られると表面がそのワックスなどの性質になります。多くの場合、汚れやすく艶が落ちる現象となります。しかしワックスなどの場合、時間がたてば自然に落ちてしまう場合もありますので、それほど心配は要りません。ただ、中にはしつこく残るコーティングもありますので、そのような場合には再施工をおすすめします。

既に付いている傷は消えますか?

薄いキズは消えることもありますが、深い傷は消えません。 ガラスコーティングをすると目にはっきりと見えないようなボケ傷のようなものは消えて塗装が復元したように艶が出ます。

クリスタルキーパーに関するご質問

クリスタルキーパーを施工する場合どのくらいの時間がかかりますか?

2時間程度です。 お車の状態や大きさによりますが標準的な車(Mサイズ)の場合、作業時間は2時間程度です。

ダイヤモンドキーパーに関するご質問

ダイヤモンドキーパーを施工する場合どのくらいの時間がかかりますか?

6~12時間程度です。 朝お預けいただければ、当日の夕方から夜にはお渡しできます。

メンテナンスの作業内容を教えください。※1年ごとのメンテナンスが必要です

メンテナンスメニューは2種類あります。 2層目のレジン部分を入れ替え修復し補強するAメンテナンスと1層目のガラス被膜を整えてから2層目のレジン部分を入れ替えるBメンテナンスがあります。 コーティング膜上に付着している汚れをキレイに取る事と、ハイブリッドのレジン部分を入れ替え修復し、コーティング膜全体を補強します。

施工のあと1ヶ月以内に施工したお店へ行くのはなぜですか?

被膜を確認させていただくためです。 ダイヤモンドキーパーの被膜がしっかりと定着しているか確認させていただきます。新車を購入したあとの「1ヶ月点検」(1,000キロ点検) と同様とご理解ください。施工後1週間~1ヶ月ほど経過しましたら、施工店へご来店いただき「ダイヤモンドキーパー施工確認です」とお伝えいただければ、洗車を行い被膜状態の確認をさせていただきます。

駐車スペースに屋根がありません。そういった車は不向きですか?

青空駐車のお車にもぴったりです。 強固なガラス皮膜が外敵から塗装をしっかりと守り、ガラス系コーティングの弱点である「水シミ」が固着することもないので青空駐車にむしろむいています。

施工後は証明書などの発行はされますか?

施工証明書を発行しています。

他社のガラスコーティングより安いですが効果も価格相応ですか?

相対的に安いのは、鏡面加工を別料金としているからと考えます。 ダイヤモンドキーパーは他社のガラス系コーティングに比してすべての要素においてベストのバランスを実現しているコーティングで、むしろガラス系コーティングの弱点である水シミ問題も克服している唯一のコーティングであると自認しています。 ダイヤモンドキーパーが相対的に安いのは、他の製品が「鏡面加工」の料金を無条件で含めているからではないでしょうか。コーティングの一番の役目は「塗装を守る」であります。鏡面加工は必要な車もありますが、たとえば新車などには必要がない車には無駄であるだけでなく、かえって塗装を薄くする事になりますので、ダイヤモンドキーパーと鏡面加工とは別料金としています。お客様とご相談の上、鏡面加工をプラスしています。

ピュアキーパーに関するご質問

ピュアキーパーを施工する場合どのくらいの時間がかかりますか?

40~60分程度です。

施工後、水シミは付きませんか?

水シミはほとんど付きません。 「水道水」「地下水」「黄砂を含んだ雨」などに溶け込んだミネラル(無機質)が付着するものが「水シミ (輪ジミ、雨ジミ、ウォータースポット)」です。ピュアキーパー(ホワイトピュアキーパー含む)は、高分子重合体(ポリマー)という有機質で出来たコーティングですので、水シミはほとんど着きません。

ワックスと同じようなものなのでしょうか?

いいえ、ワックスと違い特殊な高分子共重合体を使用しています。 ピュアキーパーはワックスとはまったく違う特殊な高分子共重合体を使用しています。手がけワックスの場合は繰り返すたびに塗装面を傷めていくことになりますが、ピュアキーパーは繰り返すことによってその被膜を強化することになり、塗装面をどんどんなめらかに美しくしていきます。

メンテナンスの料金は?

ピュアキーパーは繰り返すほど塗装を良くするコーティングです。 基本的に再施工ですので、ピュアキーパー施工分の費用はいただくことになります。ただし、ピュアキーパーが施工されているため、3ヶ月以内の再施工であれば、下地処理がほとんど必要ありませんので、その分(水垢取りなど)の費用が必要なくなる可能性があります。

従来のワックスとの違いは?

被膜を強化し、塗装面を美しくします。 キーパーコーティングはワックスとはまったく違う特殊な高分子共重合体を使用しています。手がけワックスの場合は繰り返すたびに塗装面を傷めていくことになりますが、キーパーコーティングは繰り返すことによってその被膜を強化することになり、塗装面をどんどんなめらかに美しくしていきます。

耐久性はどのぐらいですか?

約3ヶ月です。 3ヶ月ごとに繰り返し施工をしていただくと、美しさを保つだけでなく輝きがどんどん増していきます。

Copyright 鈴木自工株式会社 All rights reserved.